season&sweets

X-T2と共に、四季折々の風情を綴ります。

貨物列車の操作場に行ってみよう ~夜~

こんにちは!オシザワです。

お彼岸過ぎたあたりからお仕事のほうも忙しい時期もありまして、すっかりほったらかしになってしまいましたね。

あと、携帯が調子悪かったり、引っ越しをすることになったりと(ふたつともまだ解決してない)、気持ち的に余裕がないとブログって書けませんね。

 

一応というか、休日などに写真は撮っていたんでネタに困るってことはないです。

(写真撮る暇はあったんかい)

 

 以前行った工場夜景で「長秒撮影」というものを覚えまして、同じ撮り方でイケるので夜景を撮りに行ったりしてます。

ただ、有名スポットとかに出かけても面白くないので、マイナーなところで「操車場」に行ってみました。

実は割と近所にあって、「写真撮ったら綺麗だろうなー」と思ってたんですよ。

ただ、それだけじゃ萌えないので先日の中秋の名月に合わせて出かけました。

正確には、中秋の名月の二日後です(笑)すこーし月が欠けてます。

 

↓工場夜景とか好きな人は、こういう鉄柱や鉄塔も好きかもね。

 

DSCF8488

 

X-T2&XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS Velvia(ビビッド) ホワイトバランス 青っぽく(笑)

雲がとぎれとぎれだったのが逆に怪しい感じになりました。

レンズは今回、

XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

の2つです。

 

↓右の線は、飛行機の飛んだあとです。知らない間に入ってました(笑)

 

DSCF8545

X-T2&XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS Velvia(ビビッド) 

操車場は、遠くから来た貨物列車を繋ぎ変える場所です。

貨物列車が止まるときの音って結構大きくて、家にいても夜中「ガシャーーン」とか「ゴゴーーン」とかそんな音が聞こえます。

昔は線路がいっぱいあったのですが、時代が進み、だいぶ縮小されました。空き地が増えてきてます。

 

↓別角度。雲の感じが面白くて、団地が魔城のように見えてきます。

DSCF8494

X-T2&XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS Velvia(ビビッド)

今回の写真は全部、だいたい20~30秒くらいシャッター開けてます。

それ以上開けていると、雲の形がぼやぼやしすぎたり月が動いて変な形になったりしてしまいます。

 

↓奥のビルと共に。

DSCF8507

X-T2&XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS PROVIA(スタンダード)

画面右にもう一台いて、写ってる車両を照らしてたんですよ。

なんかこの「鉄が照らされてる」感じがとてもキレイだったのです。

ちなみにこの車両は、国鉄時代からのもののようで、年々数が減ってきているみたいですね。

僕は電車マニアじゃないので詳しくないですが、そういえば子供のころから見てた形だなぁと。

 

↓少し場所を移動して月と共に。

DSCF8561

X-T2&XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS Velvia(ビビッド)

「月と操車場」って感じにしたかったんだけど、操車場を照らすライトが月と同じくらい明るいっていう(笑)しかも、色もほぼ同じ。

2台並んだ電車が、なんかかわいくて。

こんな広い場所なのに、そんなくっついてなくていいじゃん、って思いました。

 

と、こんな感じで今回は「操車場」の夜景を載せてみました。

ただのビル群よりも、一味違った写真になったでしょ?

電車マニアじゃないので、電車をクローズアップしすぎることもなく、景色として見るのでその辺もいいのかな。

ちなみに今回のタイトル「~夜~」と付いてます。

と、いうことは・・・・・?

別の時間帯もあるってことですね。

それはまた別の機会に、ってことで。同じ場所が時間帯でどう変わるかもぜひチェックしてみてください。

 

いつも見てくれてありがとうございます。たまに間が空くこともありますが、また読みに来てください。

ではでは。今回はこの辺で。