season&sweets

X-T2と共に、四季折々の風情を綴ります。

和菓子「栗蒸しようかん」

こんにちは!オシザワです。

 

そろそろ早栗が出てくる時期ですね。

先日買い物に行ったら、ネットに入って売ってましたよ。

栗菓子の有名どころでは、9月から「栗きんとん」がスタートします。

栗きんとんって言っても、おせちのじゃないよ。

茶巾絞りしてあるやつね。

 

そんなわけで今回は、栗を使った「栗蒸しようかん」です。

おいしそーー!!

wagashi-kisetu(225)

X-T2&XF60mm f2.4 R Macro PROVIA(スタンダード)

 

↓中にも刻んだ栗が入っているよー!

wagashi-kisetu(233)

X-T2&XF60mm f2.4 R Macro PROVIA(スタンダード)

 

↓今度は和風で。

wagashi-kisetu(236)

X-T2&XF35mm f1.4 R Velvia(ビビッド)

Velvia(ビビッド)だと、栗の色がすごい黄色になる(笑)

湯呑みの存在感があり過ぎるので、半分にしてやったわ。

 

↓真上から。

wagashi-kisetu(242)

X-T2&XF35mm f1.4 R PROVIA(スタンダード)

とりあえず、栗蒸しようかん食べたくなりましたね。

安心してください。

撮影で使った栗蒸しようかんは、ちゃんと僕がいただいておきましたから(えー)

でも、コーヒーより紅茶がよかったな。

 

さて。

栗蒸しようかんって、「蒸し」って入ってるくらいなので蒸すんですよね。

主に、小麦粉の力で固まっています。だから、ねっちりというか、独特の食感になってるんですね。

ちなみに他の「ようかん」は、寒天の力で固まっています。

 

~珍しく制作風景~

↓栗を並べてます。この時点では、生地はドロドロしてます。

DSCF7731

 

↓並べる位置は、定規で計ります。

DSCF7736

 

↓並びましたー。

DSCF7739

そして、長時間蒸します。

 

↓蒸れましたー!かぶせている布巾を外しています。

DSCF7749

 

蒸気がもわわ~~~。(熱いっ)

DSCF7744

なぜ布巾をかぶせるかって?

それは、生地が吹きこぼれる&栗がずれるから。

 

↓冷めた後、寒天を塗ります(この写真だけホワイトバランス間違えました)

DSCF7780

 

↓寒天のおかげで、テッカテカに。

DSCF7796

 

↓飛天御剣流!!(違います)

DSCF7804

切り分けるときに定規で計って切るのだけど、栗がずれちゃったら、「栗がまっぷたつ」ってことになっちゃうでしょ?

だから、慎重にやってたのさ~~~。

 

ってなわけで、いつもの「和菓子シリーズ」よりボリュームたっぷりでお送りいたしました。

さすがだね!メインコンテンツだけあって、勉強になるね!(自分で言うな)

 

そして実はオシザワさん左利き、っていうことが判明したところで、今回はおしまいです。(今、上の写真へスクロールしましたね?)

 

今回も見てくれてありがとうございました。

ではでは、またね~~~~!