season&sweets

X-T2と共に、四季折々の風情を綴ります。

工場夜景にチャレンジその3 練習編~千鳥町+α~

こんにちは!オシザワです。いつも見てくれてありがとうございます。

今回は、「工場夜景にチャレンジ その2 練習編~浮島町~」の続きです。

 

↓前回の記事はこちら

x-photo.hateblo.jp

 

さて、前回の浮島町をあとにして、お次は千鳥町。

浮島町とは隣の島(?)になり、同じく埋め立て地です。

ここも定番スポットのひとつとなっています。

ちなみにここにも先客がいまして、撮影している人が一人。(写ってないけど)

「こんばんは~」と言ったら「こんばんは~」と返してくれたので、幽霊じゃないと確信。

幽霊であっても、この人は良い幽霊だから大丈夫。うん。

 

DSCF5770

X-T2&XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS Velvia(ビビッド) F8 30秒 iso200

↑定番の場所。ホントはもうちょっと左にずれると、手前のフェンスがなくなるんですけど、立ち入り禁止の看板ギリギリになっちゃうんで、やめときました。

だって、僕イイ子ちゃんなので(笑)

 

DSCF5771

↑ちょっと位置を変えて。工場の形とかで分かるかな?

ちなみに、真ん中に写っているバイクは、カップルが夜景デートで止めていたもののようで、途中でカップルが帰ってきて「今バイクどけますから~」って。

いや、大丈夫だよ、邪魔だなんて思ってないから。工場盗撮してるだけだし。

 

DSCF5785

↑縦向きで。昔からなんだけど、道が奥へ伸びていく画って好きみたい。

 

↓3つの街灯と工場の位置が、イイ感じで収まってると思わない?

DSCF5775

 

↓super-takumar 135mm f3.5で2枚。カッコイイ!カッコイイ!

DSCF5786

DSCF5789

細いパイプとか折ったら、プシューって何か出てくるのかな(妄想)

 

そして、撮影中、バイクで来たお兄さんに声をかけられ、

「ここの定番の撮影位置ってどこですか?」

なんて聞かれちゃいました。

いつも通ってる工場夜景専門家にでも見えたんですかね。

緊張しました。

あと、ヘルメット取ったら首がなかったとか、デュラハン的なものじゃなくてよかったです。

首くっついてました。

ちゃんと教えた場所で素直に撮影してるし、きっと良い首無しライダーだと思います。

(首あるし!)

DSCF5798

↑と、「工場夜景キレイ~~~」と思っちゃいますけど、実際はこんな雰囲気ですからね。

人影のない工場で、常に近くで蒸気出てたり、何かがゴンゴン動いてたりすんごく不気味です。気軽に振り返りたくはないですね。訪れる際には、色々ご用心。

女の子は一人でいかないほうがいいと思いますよ。

 

 ↓白黒でも面白い。

DSCF5790

X-T2&XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS ACROS

 

さて。

千鳥町をあとにして、「ちょっと寄ってみようかな」と行ったのがさらにお隣。

「水江町」。

下見の時にも来なかったので分かりませんでしたが、ポイントひとつあったので。

DSCF5799

↑貨物の単線がすぐ目の前で、踏切前から。

 

DSCF5800

↑反対側。奥の工場は、赤い照明で今までのとは違った雰囲気でした。

DSCF5801

↑同じ場所から。三脚を高くすると、運河も入ります。

調べると、運河を挟んだ工場夜景とかもあるんだけど、暗いと道が分からなくて。

岸壁付近はさすがに本気で怖いし。海にひっぱりこまれそうで。

 

撮影してたら、さきほどのバイクカップルが通りかかって、お互い顔を見合わせて笑ってしまいました。「あ、さっきの人だ」ってお互い思ったよね。

不気味な工業地帯で、ほんわか雰囲気出ました。

 

DSCF5803

↑最後の一枚。雲がダイナミックな感じだったので。

撮影になれてきて、雲とか煙突の煙とかも考慮に入れられるようになりました。

 

 

そんなわけで、工場夜景いっぱい練習できました。

浮島町の工業地帯に着いて、最初の一枚目が20時5分。

最後の一枚が22時35分。だいたい2時間半のコースでした。

 

 

工場夜景、カメラの設定はというと。

iso200 F8 シャッター速度 20秒。レンズは標準ズーム。

これを基準に、シャッター速度を10秒にしたり30秒にしたりしました。

あとは、レンズの手振れ防止機能をOFF、三脚&2秒のセルフタイマー。

あとは、ホワイトバランスを変えたりしました。フィルムシミュレーションは、Velvia(ビビッド)が鮮やかでキレイだと思いました。

こんな感じで、あとはアングルとか決めれば撮れちゃうんで、結構オススメなジャンルです。

さぁ、あなたも明日の晩、お近くの工業地帯へGO!(って、近くに無い人が多いよ!!)

 

というところで、「工場夜景にチャレンジ その3」はおしまいです。

その4は、たぶん本番(?)。お友達と巡るときかな?

ではではまたね~~~。