season&sweets

X-T2と共に、四季折々の風情を綴ります。

フクロウを撮りに行こう! FUJINON 55mm f2.2編

こんにちは!オシザワです。

鎌倉の「フクロウの森」での最後の記事。

FUJINON 55mm f2.2編です。

オールドレンズの中で、割と持ち出すことの多いこのレンズ。

super-takumar 55mm f1.8もある中で、やっぱりこのレンズの特徴「シャボン玉ボケ」が僕にとっては魅力だからです。

あと、軽いからです。(これ重要)

 

オールドレンズとは何ぞやという方のために説明すると、おおざっぱに言うとフィルム入れて撮っていたカメラのころに使われていたレンズのことです。

ピントはたいてい手動で合わせます。昔っぽい写り方のするそんなレンズです。

 

逆光になってしまい、フクロウが暗くなるんですが、その中でもよく写ってるのを載せてみましょう。

↓フクロウ+シャボン玉ボケ。

DSCF5467

同じカメラなのに、急に写りが悪くなった感じがするでしょう?

それにしても、よく首回るね。すごいね。

 

↓キラキラキラ。

DSCF5605

 

 

DSCF5652

↑ここへきてその首のかしげ方はあざといな、キミ。

シャボン玉ボケで撮ることを分かっているのか(笑)

 

DSCF5609

ぽわわ~ん。

 

と、今回は枚数少な目ですが、FUJINON 55mm f2.2編はおしまいです。

3回にわたり「フクロウを撮りに行こう!」を続けてきましたが、今回でおしまいです。

ホントはいっぱいあるんだけどね~。キリがないので、かわいいの厳選してお送りしました。

カフェではないのでお茶は飲んだりできません。ふれあい動物園みたいな感じなんですが、よかったら行ってみてください。結構面白いので。

そんなに広い室内じゃないのに、1時間以上いたかも。

 

ではでは、またね~!!