season&sweets

X-T2と共に、四季折々の風情を綴ります。

「かぼちゃとにらのレタス包み」作りました。

こんにちは!オシザワです。

しばらく料理してなかった気が・・・。

最近は、休日結構出掛けてたり仕事してたりだったからかなぁ。

しかも絶賛夏バテ中だし(笑)

 

じゃあ、ご飯で元気出しましょってことで今回は

「かぼちゃとにらのレタス包み」!

カフェっぽくしたくて、一枚の皿に乗せちゃった。

DSCF4321

X-T2&XF35mm f1.4 R Velvia(ビビッド) 自然光

お外は曇り空で薄暗い感じ。う~ん、天気に左右されるのが自然光派のツラいところ。

あと、ご飯の白飛びが気になって気になって(笑)、画面見たりヒストグラム見たりして明るさ調整ダイアルをグルグル・・・。

白いご飯入ると難しいです。実際プロの人って、どう対処するんだろう。

 

では、作業風景と言う名の「ひたすら鍋の中」写真いってみよー。 

DSCF4287

材料はこんな感じで。あと、赤味噌と豆板醤が入ります。

ニラの匂い強烈だ。実はにんにくとかニラ系ダメなんだよね~。

相変わらず冷ややかな表情のミッフィーをニラまみれにしてやったところで、レッツ調理!(ミッフィーに恨みでもあるんかい)

DSCF4288

火の通りにくいかぼちゃから。

 

DSCF4289

ひき肉としょうがをイーーン!

肉から脂が 出るので結構バチバチなります。

 

DSCF4291

赤味噌・豆板醤・水もイン。これでかぼちゃにも完全に火が通ってくれます。 

 

DSCF4292

ブクブクーと。 ちなみにこの木べら。こういう長いの欲しかった。

今までご飯をよそう木のしゃもじしかなかったんだけど、短くて、油がはねると熱い熱い(笑)

菜箸だとうまく混ざらないしね。材料に負担をかけないように混ぜるにはこういうヘラが一番。

 

DSCF4294

水分がなくなってきたら、ニラを入れる。少しかき混ぜたら、すぐ火を止めちゃう。

余熱で火を通す感じです。なので、ニラが良い色してますね。

 

出来上がりーってことで。レタスとご飯を盛りつけ。

DSCF4330

 

ちなみに「レタス包み」なので、こんな風に↓レタスで巻いて食べます。

DSCF4339

唐辛子系の辛さが苦手なので豆板醤少な目にしたけど、レシピ通りに入れてもよかったかも。かぼちゃの甘みと赤味噌が、結構まろやかにしてくれるのかもね。

 

今回の料理も大成功でした。土井善晴先生のレシピは分かりやすくて良いです。

ではでは、今回も見てくれてありがとうございました。またね~!