season&sweets

X-T2と共に、四季折々の風情を綴ります。

上野あたりで。~旧岩崎邸庭園~

こんばんは。

5月31日に、上野に行ってきました。

一番の目的は、東京国立博物館で開催されている「茶の湯」展。(6月4日まで)

茶碗や茶杓など、茶道のときの道具が展示されてます。

お茶と和菓子って、つながり深いですからね。お勉強です。

やっぱり本物はキレイです。キレイというか、趣があるというか。

侘び寂び。幽玄。釉(うわぐすり)に彩られた景色。

あ、釉薬が垂れた感じとか「模様」ではなくて「景色」っていうんですよ、知ってました?

 

さてさて、中は当然撮影NGなので、写真は無し。外観だけね。

DSCF1919

2時間弱くらい見た後、上野公園を突っ切り、お昼も食べて、旧岩崎邸庭園へ。

以前は撮影してはダメだったようですが、2016年4月1日よりOKになったようです。

(安全と建物保護のため、階段では撮っちゃダメとか三脚や自撮り棒はダメとかルールはありますのでお気をつけて。)

 

今回のお出かけは、あくまでメインが「茶の湯」展だったので、レンズはXF35mm f1.4 Rのみ。もうちょっと広角のほうが撮りやすいかな。

「こんな雰囲気だよ」ということが伝わればOKかな(笑)

 

ちなみに外観は工事してました。足場組んでましたので、撮りませんでした。

 

至る所に暖炉。

DSCF1937

 

天井の装飾がきれい。

DSCF1941

 

中はこんな感じです。

DSCF1942

 

柱の装飾も特別なものらしいです。

触ると表面のつぶつぶが取れてしまうらしく、危険です。

DSCF1950

 

窓辺のハンドル。

DSCF1951

 

いちいちおしゃれ。

DSCF1959

DSCF1955


DSCF1964

DSCF1963



DSCF1967

↑の版木ロールを使って、↓の壁を飾っていきます。

DSCF1966


DSCF1980

DSCF1974

DSCF1973

 

↓途中から和風に変わります。一気に変わるので戸惑うこと間違いなし。

DSCF1991

DSCF1987

DSCF1985

DSCF1983

 

和と洋の境目。

DSCF1981

 

撞球場(ビリヤード場)もあります。

DSCF1998

DSCF1995

↓途中で見えた景色。

和・洋・現代。全部が入ってる。

DSCF1993

 

旧岩崎邸庭園は30分~1時間くらいで回れました。

平日は空いてるので、オススメ。(っていうか、撮影は土日祝はダメみたい)

 

そしてそして。そのままもう少し足を伸ばして東大へ。

東大の敷地内にお菓子やさんがあるんですよ。知ってました?

カフェがメインなんですが、「廚菓子くろぎ」というお店。

料理屋さんのデザート部門だけ独立したみたいですね。

メニューもわらび餅やあんみつなど、その場で食べるものがメインです。

注文したのは、かき氷。一年中やってます!

メニューは季節ごとなのか「くろみつきなこ」がありました。

衝撃のかき氷はこちら!↓

DSCF2007

うひょ~~デカイ!

写真だけじゃ分かりにくいかもしれませんが、このスプーンだってカレー食べるときのと同じくらい大きいですからね。

中は「ひたすら氷」というわけではなくて、アイス(生クリーム?)と層になってます。なので、頭にキーーンとくるようなことはありません。

中心には柔らかい粒あん。

クルミもところどころ入ってアクセント。

途中で黒蜜かけたり。(最初からかけたら、全部外にこぼれると思う)

実によく考えられた、大きくても飽きの来ないかき氷でした。

DSCF2014

ちなみに値段は1400円ですが、ぼったくられた感は無いです。

店員さんもすごく丁寧だし。お店もオシャレだし。暑い日に誰か連れて行ってもう一度食べたいね。

 

 

最後はいつものように食べ物ネタになっちゃいましたが、思いのほか楽しめたコースでした。